ふたりで一緒に飲むこと

medicine arrange to row

いったん治療をしてしまえば、一生のうちにもう二度とその病気にかかることはない、そういう病気もあります。
「はしか」などはそういう病気のひとつといえるでしょう。子供のうちに「はしか」にかかり、治療した人は一生、この病気からは解放されます。
しかし細菌が体内に入ることによって症状が出る感染症の場合はそうではなく、クラミジアの場合も、いったんクラビットなどの薬を飲んで完治させたからといって、その後一生クラミジアとは無縁に生きていくことができるというわけではありません。むしろ最近増えているのは、せっかく治療したのにすぐにまた感染してしまうという「ピンポン感染」です。
たとえば、1回目の感染をしたとき、その感染経路が「恋人とのセックス」だったとしましょう。
もちろん恋人同士ですからセックスすることに不思議はありません。コンドームを着けずにするのも自己責任で、外野がとやかく言うことではありません。
しかし自分だけがクラビットを飲んでクラミジアを完治させ、「もう大丈夫だ」といまだ治療をしていない相手とセックスをしてしまうと、また感染してしまいます。クラビットを飲んで完治させたからといって、クラミジア菌に対する防御が万全になったというわけではないのです。セックスをするたびに情け容赦なくクラミジア菌はあなたの体内に入り、同じような症状を引き起こすでしょう。
というわけで、重要なのは「ふたりで一緒に治す」ということです。病院で治療する場合はふたりで一緒に通院し、通販でクラビットを買って使う場合はそれぞれ注文して(医薬品の通販は「本人の注文」に限って利用できます)、一緒に飲みながら治していかなければならないのです。